沢口靖子の【科捜研の女】打ち切り報道続出も新シリーズ開始の訳とは

人物写真

日本を代表するドラマの1つといえば、誰もが思い浮かべるものとして、『科捜研の女』があるのではないでしょうか。

沢口靖子さん主演の長寿ドラマとして、これまでよく親しまれてきました。

そんな、『科捜研の女』に対してはこれまで打ち切り説もあったりしました。

ですが、不安視する声もあったものの、新たな情報が入って来たのです。

はたして、沢口靖子さんの代表作としておなじみのドラマ『科捜研の女』は、打ち切りか、それとも継続か、どうなるというのでしょうか。

それでは、さっそく、ご覧ください。

目次

沢口靖子のプロフィール

人物画像

ドラマ『科捜研の女』でおなじみの沢口靖子さんは、1965年6月11日、大阪府出身。

大阪府立泉陽高校卒業後、1984年の記念すべき第1回の東宝シンデレラオーディションにおいてグランプリとなって、芸能界デビューしました。

同年には、映画『刑事物語3 潮騒の詩』で映画デビュー。

さらに、同作の挿入歌である「潮騒の詩」で歌手デビューもしています。

また、同年には、ドラマ『太陽にほえろ!』でドラマデビューしました。

1984年の映画『ゴジラ』で、1985年にはNHK連続テレビ小説『澪つくし』のヒロインで、それぞれ話題となりすっかり人気女優に。

そして、1999年以降、ドラマ『科捜研の女』で主演し続け、国民的女優としての地位を確立したのです。

沢口靖子の長寿ドラマ『科捜研の女』

人物画像

そんな沢口靖子さんが主演を務めてきたドラマ『科捜研の女』についても、概要を見てまいりましょう。

こちらは、テレビ朝日系の木曜ミステリー枠で、毎週木曜日の20:00から放送されてきました。

主人公は、科捜研の法医学者である「榊 マリコ」

そんな榊マリコが、さまざまな難事件に対して個性的な研究員たちといっしょになって、真相解明に挑んでいくというストーリーとなっています。

榊マリコとタッグを組む刑事の土門薫など、科捜研メンバー以外のキャラクターたちも魅力です。

さて、ドラマ『科捜研の女』といえば、何といっても有名なのが、その歴史の長さ。

人物画像

1999年に初めて放送され、その後、何度か放送されなかった年もあったものの基本的に、毎年放送されて2022年と23年間放送されています。

ここまで長期間放送されるドラマはまれなので、もはや壮観と言えますよね。

なお、この間タイトルについては、Season5 からSeason8までは、『新・科捜研の女』に変更されていたこともありました。

これまでにも法医学系のドラマは多々ありました。

ですが、ドラマ『科捜研の女』はこのジャンルではすっかり日本を代表する作品であるといえるでしょう。

『科捜研の女』が打ち切り?

テレビとリモコン

さて、このようなドラマだった『科捜研の女』には、打ち切り説が出てきたことでファンをやきもきさせてしまうことに。

内容も面白く、放送されてきた期間が長かったことも踏まえれば打ち切りなどされたら、たまったものではないでしょう。

ドラマ『科捜研の女』の打ち切り説が出てきた理由とは、ずばり、放送枠の問題なのでした。

先述のとおり、これまでは、テレビ朝日系の木曜ミステリー枠で、毎週木曜日の20:00から放送されています。

ところが、この長年続いてきた放送枠がなくなってしまうことになったからでした。

最後に放送されるドラマは、これまた長寿作品としておなじみである上川隆也さん主演の『遺留捜査』の第7シーズン。

人物画像

たしかに、放送枠が消えるとなれば、そこで放送され続けてきたドラマも消える?と思うのが普通の反応というものではないでしょうか。

とにもかくにも、テレビ朝日系の木曜ミステリー枠が消えてしまうなんて、悲しい限りですね。

『科捜研の女』は継続はある?

医療グッズ

それでは、ドラマ『科捜研の女』は打ち切りになってしまうというのでしょうか?

うれしいことに、そうはなりませんでした。

結論から言えば、継続ということになります。

つまり、テレビ朝日系の木曜ミステリー枠はなくなるものの、ドラマ『科捜研の女』は放送枠を変更して存続するということだったのでした。

今後、放送されるのは、おなじくテレビ朝日系。

「火曜よる9時の新ドラマ枠」となります。

人物画像

ちなみに、テレビ朝日のプライム帯における新たなドラマ枠は、2006年4月クール以降初めてのこと。

つまり、なんと16年ぶりのことなのでした。

ドラマ『科捜研の女』がなくならず、長寿記録がさらに更新されることはもちろん、新たなドラマ枠にも期待ですね。

『科捜研の女』の今後は?

人物画像

今後も視聴できることになったドラマ『科捜研の女』は、ただ続くというだけではありませんでした。

肝心の内容も、おおいに注目されていたのです。

これまで法医学者の榊マリコの活躍を描いてきた本作において、その榊マリコのイメージが、以前とは異なってクールな感じに。

演じる沢口靖子さんは、新たな榊マリコを演じるにあたって、高揚感、緊迫感、期待感にあふれる思いで撮影に臨んだ旨を語っていました。

そのうえで、ブラッシュアップされて生まれ変わったドラマ『科捜研の女』への期待を促していたのです。

2022年7月現在、ドラマ『科捜研の女』が具体的にどのようにリニューアルするのか、詳細は分かりません。

人物画像

ただ長く続くというわけではなく、発展的に存続するものと見られます。

視聴者としては、作品にも沢口靖子さんらキャストたちにも注視していきたいですね。

まとめ


なにはともあれ、まずはドラマ『科捜研の女』が打ち切りにならず、継続するということで何よりではないでしょうか。

沢口靖子さんや作品の内容の魅力もさることながら、長期間にわたって放送されすっかり国民的に定着してきた作品だからですよね。

視聴者だけではなく、キャストやスタッフの方々も、きっと、想いはいっしょでしょう。

その一方で、放送される枠が変わるため、これまで親しんできたという方々は間違わないように気を付けましょう。

それでは、新しくなるドラマ『科捜研の女』を、今後も引き続き、応援していきましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる