マイケルJフォックスの現在は?パーキンソン病の悪化で俳優を引退

人物写真

ハリウッド俳優のマイケル・J・フォックスさん。

有名出演作品は沢山ありますが、最も有名なのが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ではないでしょうか。

そんな彼の現在と患っているパーキンソン病はどれほど進行しているのか調査してみました。

目次

マイケル・J・フォックスのプロフィール

人物画像
  • 名前:マイケル・J・フォックス(本名:マイケル・アンドリュー・フォックス)
  • 生年月日:1961年6月9日
  • 出生地:カナダ・エドモントン
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 職業:俳優・プロデューサー・作家
  • ジャンル:映画・テレビドラマ

マイケル・J・フォックスさんの経歴

人物画像
ファミリータイズ

マイケル・J・フォックスさんのお父さんは警察官。

お父さんの仕事の関係でカナダを転々として育ったそうです。

15歳からカナダのテレビ出演するようになります。

その後、18歳でアメリカへ渡ります。

4年後のテレビドラマ「ファミリータイズ」で主役のアレックス・キートンを演じます。

マイケル・J・フォックスさんはコメディのセンスもあるようです。

エミー賞のコメディー部門主演男優賞を「ファミリータイズ」で3回も受賞されています。

1985年にはあの有名な映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で主人公のマーティ・マクフライを演じます。

人物画像
バック・トゥ・ザ・フューチャー

同シリーズの大ヒットによりハリウッドスターの仲間入りを果たします。

1989年にはトレイシー・ポランさんと結婚し4人の子供にも恵まれました。

2015年に記念動画を公開

2015年にはデロリアンがPART2でタイムトラベルした日でもある10月21日にも記念の動画が作られました。

内容は作中で予想されていたものがどれほど実現したかについてクリストファー・ロイドと語り合う短編映像となっています。

その動画がこちらです。

二人の見た目に時代は感じるものの話し方や声などが変わっていないので懐かしい気持ちになりますね。

また、当時の劇中でフォックスさんがギターを演奏しているシーンがありましたよね。

フォックスさんのバンド活動もしていたのでギターの腕前はあるのだとか。

ですが当時はポール・ハンセンさんの演奏と歌に合わせて指を動かしていたとのことです。

1999年に薬物乱用者のためのチャリティー・オークションで、フォックスは2本のギターを落札して慈善活動などにも参加したりしています。

30歳の時にパーキンソン病が発覚

人物画像
バック・トゥ・ザ・フューチャー3

1991年フォックスさんが29歳の時、ちょうど「バック・トゥ・ザ・フューチャー」PART3の撮影中から体の不調が見られるようになります。

パーキンソン病と診断されます。

パーキンソン病は、動きが遅くなる、手が震える、筋肉がこわばるなどの運動症状をはじめ、自律神経障害や睡眠障害など、さまざまな非運動症状が生じる病気です。

一般的に50歳以上から発症することが多く、その後は徐々に進行していきます。

ただ、中には40歳未満で発症することもあります。

その場合は「若年性パーキンソン病」とも呼ばれています。

https://www.minnanokaigo.com/guide/disease/parkinson/

ですがその後も病を隠して芸能活動を続けます

そして1998年年にパーキンソン病を公表します。

2000年俳優活動の引退

フォックスさんはパーキンソン病を患ってから、インタビューでこのように答えています。

「パーキンソン病と告げられて、それを受け入れてお酒をやめなければいけなかったけど、うまくいかなかった。お酒をやめるのに2年くらいかかってしまった。自分がパーキンソン病であるということ、そしてそれを受け止めるようになったのはそれからだ。パーキンソン病や、僕の家族や僕自身にもたらすもの、そして受け入れることを学んだ」

https://moviewalker.jp/news/article/1011673/

病気を公表するまで7年の年月がかかりました。

7年もの間病気を隠し続けるのは相当辛かったのではないでしょうか。

公表するときも「僕が病気だと知ったら、面白い発言をしても皆笑ってくれないかも・・・」という心配もあったようです。

ですが、周りの皆さんは受け入れてくれて、とても協力的だった。と話しています。

2000年に当時出演していたテレビドラマ「スピン・シティ」を降板し、俳優活動から一時退きました。

その後パーキンソン病の研究助成活動を始め「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」を設立します。

2004年にテレビ復帰

人物画像
テレビドラマ「Scrubs」

2004年アメリカのテレビドラマ『Scrubs』へのゲスト出演でテレビ復帰されます。

2006年10月20日に、アメリカ合衆国2006年中間選挙に際し、クレア・マカスクルの応援CMに出演し久しぶりに公の場に姿を現しました。

CMやインタビュー映像で体を大きく揺らすなどの激しい挙動をとった事で、パーキンソン病を宣伝するための演技ではないかと騒がれます。

あるラジオでも、「マイケル・J・フォックスはパーキンソン病を誇張している。恥知らず。」等と非難されました。

フォックスさんはニュース番組に出演し、「パーキンソン病のありのままの姿だ。」と反論しました。

2010年2月28日にはバンクーバーオリンピックにカナダ出身という事もあり、閉会式で元気な姿を見せています。

人物画像
バンクーバーオリンピック閉会式

それ以外にも2010年から弁護士ドラマ「グッド・ワイフ」シーズン2に準レギュラーとして出演。

「ケニング」という障害を持った弁護士の役で、フォックスさん自身のパーキンソン病が役の上に投影されています。

人物画像
グッド・ワイフ

2013年の9月からは約13年振りの主演ドラマ「マイケル・J・フォックス・ショウ」の放送が開始されました。

2020年二度目の俳優引退表明

2020年11月に回顧録「No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality」の中で俳優引退を表明されました。

1番の原因はパーキンソン病により記憶力の低下だと言われています。

他にも2018年に脊椎に非がん性の腫瘍が発見されています。

腫瘍を摘出する手術も無事成功しました。

再び歩けるようになるために、お医者さんからは「絶対に転ばないように!脊髄にダメージを与える可能性がある」と注意を受けます。

その後、スパイク・リー製作の『シー・ユー・イエスタデイ』にカメオ出演が決定しました。

その為にフォックスさんは、妻のトレイシーさんに「カメオ出演の為にニューヨークに戻る」と伝えたそうです。

この時点で4か月のリハビリを頑張って歩けるようになっていたフォックスさん。

「もうひとりで大丈夫」とフォックスさんは判断していたようです。

ですが、フォックスさんは娘のスカイラーさんと一緒にニューヨークに戻ることになります。

スカイラーさんは「朝食を作ってあげる」と言ってくれましたが、フォックスさんは自分で作れるから大丈夫。と断ったそうです。

そして、次の日の朝、フォックスさんはキッチンで朝食をとろうとしたら、転んで腕の骨を折ってしまいます。

なんと、骨が砕けてしまい19のピンで固定して、プレートも入れないといけないほどの重症だったそうです。

このことを回顧録には「(骨折時が)人生のどん底だった」と語っています。

2022年現在は?

人物画像

2022年6月21日フォックスさんにジーン・ハーショルト友愛賞が贈られる事を、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーが発表しました。

映画界への貢献とパーキンソン病支援の取り組みが評価された事が受賞の理由です。

同年11月19日にロサンゼルスで行われる、第13回ガバナーズ賞授賞式にて授与される予定です

現在は徐々に病気が進行して、俳優業には復帰されていません。

ですが2000年に設立した、マイケル・J・フォックス財団での活動や著者を4冊出版して執筆活動に励んでいます。

4人いるお子さんは成人して、現在は離れて暮らしているそうですが、家族仲は良好のようです。

まとめ

いかがでしたか?

マイケル・J・フォックスさんは俳優業は引退を表明されました。

俳優から執筆へと活動のジャンルは変わりましたが、お元気に過ごされていてなによりです。

今後、テレビで見かけることはないかもしれませんが、これからも執筆活動など体に無理のない範囲で頑張ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる