市川海老蔵が團十郎襲名演目発表!新之助襲名の勸玄くんは毛抜を披露

人物写真

歌舞伎界屈指の名門といえば、市川宗家であり、その市川宗家のトップが市川團十郎ですよね。


先代の市川團十郎さんが亡くなってから、2022年ではや9年が経ちました。

そしてとうとう、長男の市川海老蔵さんが市川團十郎の名跡を継ぐことになったわけですが、その気になる演目とは、いったい?

一方、市川海老蔵さんの長男の堀越勸玄くんも、市川海老蔵さんも称した市川新之助の名跡を継ぐことになりました。

彼も最年少で歌舞伎十八番の内の『毛抜』の粂寺弾正を勤めるとのこと。

9歳で演じるには大変難しいと海老蔵さんが語る難しい役どころへの彼の抱負などを紹介します。


目次

市川海老蔵

人物画像

市川海老蔵さんは、1977年12月6日、東京都出身の44歳。


父親は市川團十郎さん、母親は堀越希実子さんです。

1983年に初お目見得し、1985年に市川新之助を襲名しました。

そして2004年に市川海老蔵を襲名しています。

一方、市川海老蔵さんは、歌舞伎以外のジャンルにおいても、俳優として活躍。

人物画像

1994年には、NHK大河ドラマ『花の乱』に出演して、ドラマデビュー。

2006年には、映画『出口のない海』に出演して、映画デビューしました。

2013年には、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』に主演したことによって、話題になります。

ほか、映画では、『利休にたずねよ』など。

ドラマでは、『桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長 覇王の誕生~』などに出演。

人物画像

受賞歴も豊富で、芸術選奨文部科学大臣新人賞、フランス芸術文化勲章シュヴァリエ。

他にも、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、読売演劇大賞杉村春子賞、ベストドレッサー賞特別賞、などとなっています。

プライベートでは、2010年に小林麻央さんと結婚し、市川ぼたんさんと堀越勸玄さんが誕生しました。

2013年には、市川團十郎さんが亡くなり、市川宗家の家督を継承しています。

そして2017年、小林麻央さんに先立れたのでした。

堀越勸玄

人物画像


堀越勸玄くんは、2013年3月22日、東京都出身の9歳父親は市川海老蔵さん、母親は小林麻央さんです。


2015年、「吉例顔見世大歌舞伎 十一世市川團十郎五十年祭」に出演したことによって、初お目見得しました。


2022年には満を持して市川新之助の名跡を襲名する予定で、2004年以来、18年ぶりにこの名跡が復活することに期待がかかっています。

ようやく市川團十郎襲名へ

人物画像

市川海老蔵さんは、市川團十郎を輩出してきた市川宗家の出身であり、先代の市川團十郎さんの長男。


そのため、昔から未来の市川團十郎とされてきました。

ですが、2013年に市川團十郎さんが亡くなって以降、襲名するはずだった市川團十郎の名跡は空席となってきました。


本来であれば、2020年に襲名するはずだったものの、新型コロナウイルス流行で延期されてしまうとは、まったくもって、残念な限りでしょう。


しかしとうとう、2022年、襲名することになったのです。

人物画像


襲名披露は、「十三代目市川團十郎白猿襲名披露狂言」として、11月から12月にかけて、東京都の歌舞伎座で開催予定とのこと。


9年もの間不在だった市川團十郎の名跡が復活することによって、梨園はもとより、芸能界が活気づくことは間違いないでしょう。


なお、市川海老蔵さんは、厳密には「市川團十郎」ではなく「市川團十郎白猿」という名跡を名乗ります。

これには歴代市川團十郎たちに対する謙遜という意味も込められているとのこと。


どのような市川團十郎が見られるのか、待ち遠しくてたまりません。

市川團十郎襲名演目とは

人物画像

「十三代目市川團十郎白猿襲名披露狂言」では、市川海老蔵さんの市川團十郎襲名だけではありません。

堀越勸玄さんの市川新之助襲名も予定されています。


それだけに、いっそう目が離せないというわけですが、ここにて上演される演目はどのようなものなのでしょうか。


演目は、2022年7月7日に、松竹によって発表されました。

人物画像


公演は、11月と12月に、それぞれ昼夜2部に渡って開催される予定。


11月の昼の部は、「外郎売」、「勧進帳」。


11月の夜の部は、「口上」、「助六由縁江戸桜」。


12月の昼の部は、「押戻し」、「毛抜」。


そして12月の夜の部は、「口上」、「助六由縁江戸桜」となっていました。

浮世絵


市川海老蔵さんが演じるのは、「勧進帳」、「押戻し」、「助六由縁江戸桜」。


市川新之助さんが演じるのは、「外郎売」、「毛抜」。


そして両者が共演するのは、「口上」、「助六由縁江戸桜」です。

人物画像


1日も早く、公演日がやってくればいいですね。


なお、襲名にまつわる興行は、全国津々浦々にて、かなりの長期間、行われることになっていました。

市川新之助襲名の勸玄くんの抱負は?

人物画像

市川海老蔵さんの市川團十郎襲名もさることながら、同時に、堀越勸玄さんの市川新之助襲名もおおいに注目を集めています。


そんな市川海老蔵さんと堀越勸玄さんは、2022年7月7日、歌舞伎座において記者会見を行い、襲名について抱負を述べていました。


市川海老蔵さんはもちろん、堀越勸玄さんの抱負がとくに気になりますよね。

まず、市川海老蔵さんは、新型コロナウイルスによって延期になったことに触れました。

その後、全国津々浦々で興行することについて、堀越勸玄さんへの想いを、歌舞伎役者というよりは1人の父親として語っていました。

人物画像

とくに、堀越勸玄さんについては、「毛抜」の粂寺弾正役を演じることが出来るようになったことに想いをはせています。

一方、堀越勸玄さんは、この粂寺弾正役について、市川宗家の歴史の中で、みずからが最年少で演じることになるということに言及。

そのうえで、懸命につとめる所存だという決意と、もともと歌舞伎が好きだから演じるのが楽しみだという希望を語っていました。

まだ若いにもかかわらず、早くも歌舞伎役者の貫禄が見えなくもない、堀越勸玄さん。

市川新之助としてのあらたなスタートに対して、エールを送りたいものです。

まとめ


ずっと延期になって来た市川團十郎襲名のめどが立って、世間も梨園もホッとしているに違いありません。


なによりも、小林麻央さんも喜んでいると思います。


一方、堀越勸玄くんといえば、まだつい最近生まれたイメージもありますから、もう市川新之助になるとは時の流れも速いものですね。


ゆくゆくは市川海老蔵、市川團十郎になる可能性が高いだけに、市川海老蔵さんともども、さらに注目度は高まっていくことでしょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる